合格者の声の合格者の声。中学受験なら第一ゼミパシード

中学受験第一ゼミパシード
お電話でのお問い合わせ 0120-4119-01
詳しい資料はこちら
  • パシードの特長
  • 教室案内
  • 講座・スケジュール
  • 合格実績
  • 安心・安全
  • パシードのサポート
  • 合格者の声
  • 説明会・イベント

合格者の声|卒業生・生徒の声

合格者の声 -きっかけはパシードとの出会い!-

西大和学園中学校 進学

image

僕が塾に通い始めたのは、小学2年生のときでした。最初は別のパシードの教室にいましたが、事情があり転塾することになりました。 けれども、6年生の半ばぐらいから、パシード天王寺校に通い始めました。最初は不安だったけれど、通い始めると意外とそうでもなくて、少しホッとしました。 でも、自分よりもすごい人がたくさんいて、授業内容も難しくて、圧倒されてしまいました。 それでも、今まで重視していなかったやり直しに力を入れたら、授業にもついていけるようになり、模試の結果も上がっていきました。
大阪星光学院中のネットライブや、最難関校特訓では、ふだんの授業でしていないような単元や、難問を解いて、とてもためになりました。
最後の何ヶ月かは、大阪桐蔭のプレテストで思うように結果が出なかった算数と理科を特に頑張りました。 具体的には、今までやってきた問題の見直しや授業のやり直しを中心に取り組み、ミスを防ぐために、見直しの励行やその時間の確保、問題文の熟読を心がけるようにしました。 入試本番は、腹式呼吸をして気持ちを落ちつかせ、終わった科目の事は考えないようにすることで、自分の最善を尽くせました。
合格発表を見たのはWEBだったので、最初は正直信じられない気持ちがありました。 でも、合格通知をもらったときは、言葉にできないくらい嬉しかったです。
中学生になったら、勉強も趣味も両立した、楽しい学校生活を送りたいです。今まで支えてくれた家族や先生方、受験のアドバイスをくれた方々、本当にありがとうございました。

  • 他合格校

    大阪星光学院中学校/清風南海中学校(スーパー特進)/明星中学校(特進)/愛光中学校/土佐塾中学校

大阪星光学院中学校 進学

image

大阪星光学院中学校の合格発表を見に行くまでの電車の中で、僕は、不安と緊張で押しつぶされそうでした。 でも、学校に着き、自分の受験番号を見つけると、それまでの気持ちと打って変わって、すごくうれしかったです。
僕は、5年生の時からパシードに入り、受験勉強を始めました。 その時は、あまり受験生だという自覚がなかったけれども、6年生になって、他の校舎の人との授業が多くなり、「自分以外にもこんなに頑張っている人がいるのだ」と思い、本腰を入れて勉強をしました。 でも、実際に赤本を解いてみると、合格最低点に70点も届かなくて、大阪星光学院中学校を受験することをあきらめようとも思いました。 けれども、両親に支えられ、あきらめずに頑張ってみようと思い、赤本の解き直しやリトライを徹底して合格することができたので、両親には感謝しています。
パシードの授業の中で印象に残っているのは、最難関校特訓です。 なぜなら、普段の授業では解かないような難しい問題を解いて、それを分かりやすく解説してくれたからです。
入試当日、パシード天王寺校で激励会を行っている時に、人生で一番緊張したと言っても過言ではないほど緊張しました。 しかし、試験会場に着くと落ち着いてきて、その状態で試験を受けることができてよかったです。 中学校に入ったら、勉強もクラブも頑張りたいです。 そして、勉強のときには、リトライを欠かさないようにしたいです。
今まで支えてくれた塾の先生やお父さん、お母さんには、とても感謝しています。ありがとうございました。

  • 他合格校

    清風南海中学校(スーパー特進)/清風中学校(理V)/土佐塾中学校

大阪星光学院中学校 進学

image

大阪星光学院の合格発表は、2日目の午後受験校に入る前でした。代わりに見に行った家族からの連絡で合格を知りました。 模試での判定が良くなかったので、とてもうれしかったです。
パシードには3年生の終わりからの入塾で、とにかく授業が楽しく面白かったです。 特に社会が得意科目になったのは、先生が面白い語呂合わせや特徴を教えてくれて覚えやすかったからだと思います。 夏・冬の集中ゼミでは、特に志望校特訓の復習や応用でさらに知識を増やせました。 モーニングテストやまとめテストでは、優秀な成績はとれなかったけれど、あきらめずにリトライしたのが定着への一歩になりました。 過去問演習をしても、算数の点数があまり取れずに困りましたが、自習室などで先生に質問したり、志望校特訓の復習をしたりしているうちに、いつの間にか取れるようになっていてうれしかったです。
中学校では学校行事や部活動をがんばりたいと思います。 難度の高い数学や英語などに力を入れつつ、副教科や古文や化学などをおろそかにしないようにしたいです。 四字熟語の「文武両道」を目指していきたいです。
最後に、朝早くからのお弁当作りや早朝出発、夕方帰りになった入試に付きそいに来てくれた家族に感謝し、恩返しのつもりで良い大学・良い就職先に進められるよう、勉強と運動のバランスを保ちながら、中高の6年間を過ごしたいです。

  • 他合格校

    清風中学校(理Vプレミアム)/奈良学園中学校(医進)/土佐塾中学校

清風南海中学校(スーパー特進) 進学

image

僕は、1年生の頃から夢だった獣医になるために中学受験を決断し、家から近く、レベルの高い清風南海中学校への進学を目指しました。
高石校の通常授業では、4年生からずっとお世話になった三上先生のおかげで、算数が得意になりました。清風南海特訓の出嶋先生の授業では、社会でよく出題される苦手な正誤問題を徹底的に取り組んだ結果、できるようになりました。 最難関校特訓の理科の授業では、仲谷先生のおかげで、苦手な回路・てこ・天候の問題ができるようになりました。
このように、色々な授業を受けましたが、勉強詰めだと精神的に追いつめられるので、時には息抜きの時間を確保し、勉強と遊びを両立させて入試に挑みました。
清風南海の試験後、周りの受験生が「問題が簡単だった」という発言をしていて、すごく不安になりました。しかし、翌日の合格発表で、自分の受験番号を見つけて安心しました。 三上先生が試験直前に言っていた「過去を振り返らない。周りの言葉は気にしない」ということがよくわかりました。
大阪星光学院中学校では、五ツ木・駸々堂模試の判定があまりよくなかったのですが、試験本番の理科で、難関模試と似たような問題が出題されて気持ちが楽になりました。 国語についても、三宅先生や中島先生の指導のおかげで、苦手だった長文記述問題も時間内に解き切ることができました。 算数はもともと得意教科でしたが、三上先生から直前にもらった図形プリントをたくさん解いて、自信をつけました。 その結果、合格を勝ち取ることができました。
清風南海に進学してからは、夢だった獣医を目指して、勉強を頑張りたいと思います。

  • 他合格校

    大阪星光学院中学校/帝塚山学院泉ヶ丘中学校(特別選抜)/愛光中学校/土佐塾中学校

清風南海中学校(スーパー特進) 進学

image

受験後に第一志望校の清風南海中学校の合格発表を見に行って、スーパー特進のところに自分の受験番号を見つけたときは、信じられない気持ちでいっぱいで、合格の実感はあまりありませんでした。 ずっと緊張していたけれど受かったことが分かったので、とても安心しました。
私は入試まであと100日ぐらいのときに、苦手だった国語の成績がさらに下がってしまいました。 そのときに私はたくさんの問題を解くと同時に、先生がよくおっしゃっていたのですが間違えた問題についてもう一度徹底的にリトライをやりこみました。 すると、求め方を改めることや、意識していなかったポイントを覚えることができ、知っていることの確認もできたので、赤本でも国語の成績を伸ばすことができました。 入試までに間に合ってよかったです。
また、パシードの授業で印象に残っているのは6年生の時の大晦日集中ゼミの授業です。 みんながサマーVゼミの時にも増して集中してがんばっていたのが刺激になって、自分も負けないようにがんばろうと思わせてくれました。
入試本番では国語で時間配分を失敗してしまい、1つ記述問題が書けなかったのが少し心配でした。 でも算数で2日前に質問に行った問題が出たので、算数はけっこうできた実感がありました。これが合格の決め手だったと思います。
私は第一ゼミパシードで前向きに物事をとらえることの大切さと諦めない心の大切さを学びました。 これまで私を支えてくださったお父さん、お母さん、先生方、本当にありがとうございました。

  • 他合格校

    清教学園中学校(S特進U類)/開明中学校(スーパー理数)/土佐塾中学校

清風南海中学校(スーパー特進) 進学

image

6年生になってからの1年を振り返ると、とても大変だったというのが印象です。 3月から始まった最難関校特訓では問題が難しく、ほとんどのことが初めて知ることばかりで、4月から始まった清風南海特訓では、25分テストで見たくないような点数ばかりとりました。 でも、徐々に授業の内容も深く理解できるようになり、25分テストの点数も上がってきました。 それでも清風南海ズバリ的中模試になると、どれも悪い点数ばかりで、結果が出ないことに不安がつのるばかりでした。 何度「やめたい」と思ったことかわかりません。 でも、自分にはまだできることがあると考え、少しずつやれることを増やし、リトライを重点的に行ったことで乗り切ることができました。
またその不安を解消できたのは、サマーVゼミや大晦日集中ゼミで、自分に自信を持つだけの勉強ができたからだとも思います。 「不安になる」→「自信を持ち不安を解消する」を繰り返しながら受験勉強を続けました。 赤本の算数はとても難しかったのですが、1問1問丁寧に解説されている過去問解説動画をみて、理解できるようになっていきました。
入試当日はプレテストよりも緊張せずに受験することができ、自分に自信が持てるぐらいやってきたんだなと思いました。 結果は特進での合格でしたが、鳴神先生から「B入試でスーパー特進へチャレンジしてみたら」と言われ、チャレンジしてみようと思いました。 最後までチャレンジしようと思えたことは、今まで支えてくれた周りの人たちのおかげだと思います。本当に感謝しています。
中学校入学後は部活と勉強を両立させ、今まで支えてくださった方々に恩返しができるようにしたいと思います。

  • 他合格校

    帝塚山学院泉ヶ丘中学校(特別選抜)/開智中学校(スーパー文理)/土佐塾中学校

清風南海中学校(スーパー特進) 進学

image

ぼくは、1年生のときにファロスに通っていましたが、2年生の冬にパシード天王寺校に移りました。 はじめは受験のことは全く考えていませんでしたが、5年生になったときに兄が清風南海中学校に行くことが決まったので、ぼくも清風南海中学校に行きたいと思っていました。
5年生のときのサマーVゼミでは、ケアレスミスが多く1位になれなかったので、6年生では、ケアレスミスを減らすために、まとめテストで問題文を何度も読み返しました。 そして、TAクラスの1位で名前を呼ばれました。 表彰式でインタビューを受けたとき、1位ということが信じられず、足がふるえ、頭が真っ白になってしまい、うまく話すことができませんでしたが、みんなと競い合うことができ、とても楽しかったです。
ところが、入試100日前になってから、清風南海中学校のプレテストを受験し、結果を確認してみたのですが、国語と理科と社会の点数が全然とれていなくて、S特進はD判定、特進はC判定という、とても悔しく、悲しい結果でした。 このことですごく落ち込んでいるときに、各教科の先生から「前を向いてやり直しをする」ということを教えられ、先生のアドバイス通りに、必死でとりくみました。
受験当日、受験会場に来てもあまり緊張しませんでした。 逆に会場では騒いでいる人が多く、けっこう気持ちを落ちつけて受験に臨むことができました。
そして、清風南海中学校の発表で、S特進のところに自分の番号がありホッとしました。 これからは、将来の夢である医者になれるように勉強をがんばっていきたいと思います。

  • 他合格校

    清風中学校(理Vプレミアム)/土佐塾中学校

清風南海中学校(スーパー特進) 進学

image

自分の番号を見つけたときは、すごくホッとしました。やっと受験が終わるんだと思うと、とてもうれしかったです。
弱点の克服には、リトライが役立ちました。まちがえた問題を何度もやり直すと、自信も力もつきます。 これからもリトライを続けていきたいです。
通常授業では、楽しい先生と仲間でいつも明るく、塾にいるのが楽しかったです。みんな、仲が良く、いつも笑っていた気がします。
特訓では、ハイレベルな授業を受け、かしこい人と競い合うことで、自分を高めることができました。 第一ゼミ・パシードの先生はみんなおもしろくて、楽しく授業をうけることができました。
集中ゼミでは周りのレベルが高くてついていけず、悔しかったです。 長時間の授業は大変で、やめたくなることもあったけれど、あこがれの志望校を考えてがんばりました。 あんなに勉強できたのは集中ゼミのおかげです。 先生たちはいつも前向きで、生徒一人ひとりをはげましてくれました。質問もいっぱいきいてくれたし、アドバイスもしてくれました。 いろんなことを教えてくれて、おもしろい話もしてくれて、うれしかったです。 中学校に入ったら、他の子たちに負けないように努力したいです。 入っただけで満足せずに、この先も全力でがんばります。勉強も、部活も、遊びも、精一杯やって、最高の6年間にしたいです。
最後に、私を支えてくれた人たち、ありがとうございました。

  • 他合格校

    清教学園中学校(S特進U類)/土佐塾中学校

清風南海中学校(スーパー特進) 進学

image

私が受験勉強を始めたのは、5年生の授業が始まったときでした。 入ってすぐは、10点しか点数がとれませんでした。でも、周りの友達に追いつきたいと思い、必死に勉強して成績が上がりました。
6年生になって始まった志望校特訓では、先生がレベルに合った問題を集めてくれて、それを解きリトライをくり返すことで、成績が上がりました。 清風南海特訓では、難関校を目指す人が集まっていたので、集中して取り組むことができました。 サマーVゼミや大晦日集中ゼミでは、リトライをくり返したため、良い結果が出て、それが自信になりました。
でも、6年生になってしばらくたっても、国語の苦手意識は消えませんでした。 11月の清教模試では、平均点を大きく下回りすごく不安になりました。 そしてそれ以来、三宅先生に赤本の添削や授業の質問を持っていくようになりました。 ポイントを丁寧に教えてくれたので、成績も上がり、苦手意識もなくなっていきました。
そして入試当日、緊張して、普段通りにできるか不安だったけど、応援に来てくれたお父さんやお母さん、たくさんの先生方を見ると少し安心し、分かる問題から解くことができました。 私は、合格発表をみる時、とても心配でした。でも、自分の受験番号を見つけた時、うれしさがこみ上げてきて、とびはねてしまいました。
中学校では、勉強だけではなく、スポーツや音楽活動などいろんなことに一生懸命取り組んでいきたいと思います。 今まで私を支えてくれた先生方や、お父さんお母さん、大好きな友達。ありがとうございました。

  • 他合格校

    清教学園中学校(S特進U類)/帝塚山学院泉ヶ丘中学校(医進)/土佐塾中学校

智辯学園和歌山中学校 進学

image

ぼくが塾に通い始めたのは、小学3年生のときです。入会当時は、国語の成績が平均よりはるかに下回っていました。 でも、宿題やリトライなどやるべきことをきっちりやることや授業をしっかり聞くということを意識していると、成績が少しずつ上がり6年生になるころには偏差値が60近くになりました。
算数は一番得意で、好きな教科でした。 だから先生から言われなくても自分から難しい問題にも積極的にチャレンジしていました。 ただ、一時期「算数は得意だからやらなくてもいい」という軽い思いから安心して、手をぬいたことがありました。 すると、全く成績が上がらなくなってしまいました。このときに、「継続して勉強をやらないと成績は上がらない」ということを、改めて痛感しました。
5年生の時のサマーVゼミはAクラスでしたが、5年生の2学期は、算数で手をぬいてしまったこともあり、大晦日集中ゼミではCクラスになってしまい、とても悔しい思いをしました。 なので、6年生の時のサマーVゼミでは再びAクラスに行くことを目標に、算数も手をぬかずにやっていきました。 その結果、6年のVゼミでは、Aクラスになったし、まとめテストでも10位以内に入れました。 目標を立てて目指すことは大事なことだとわかりました。
受験校すべてに合格できたのは、父や母、先生方のおかげだと思います。 改めてこの場でお礼を言いたいと思います。 入試までの4年間、支えてくれてありがとうございました。

  • 他合格校

    清風南海中学校(スーパー特進)/清教学園中学校(S特進U類)/帝塚山学院泉ヶ丘中学校(医進)/土佐塾中学校

清風南海中学校(特進) 進学

image

合否を確認するとき、一刻も早く合格発表を見たかったので、合格発表と同時に見ました。 すると、志望していた中学に合格はしましたが、自分が志すコースではありませんでした。 しかし、合格できたことはすごく嬉しくて、今まで自分がしてきたことにすごい達成感がありました。
入塾した当初は、わからないところが多く、受験勉強は甘くないんだと気づき、驚いていました。 特に算数が難しく、時にはできないことにイライラしました。 しかし、解決できるまで取り組むことで、あきらめないという気持ちを持つことができ、苦手だったところもできるようになりました。 その当時の自分は、授業中に理解できなかったところは、わかったふりをせず、鳴神先生に聞いてから帰るようにしていました。
6年生になると最難関校特訓や清風南海特訓など授業が増えました。 特に最難関校特訓では問題が難しく、できるようになるのが大変でした。 清風南海特訓では算数のテストが思うように取れずに焦りました。 しっかりリトライをしているうちに、できる問題が増えているのを実感できた時は本当にうれしかったです。 サマーVゼミや大晦日集中ゼミでは長時間の勉強だったにもかかわらず、表彰台にのるという目標に向け全力を尽くすことができ、自分の自信につながりました。
中学校に入ったら、今までの経験を生かし、勉強をしっかりし、上位クラスに上がることを目標に頑張りつつ、楽しい学生生活を送りたいと思います。
最後に、志望校に合格できたのは、自分の力だけでなく、家族や塾の先生の支えがあったからだと思います。 そのことへの感謝を忘れずに、これからも色々なことにチャレンジし続けたいと思います。

  • 他合格校

    四天王寺中学校(英数U)/帝塚山学院泉ヶ丘中学校(特別選抜)/土佐塾中学校

清風南海中学校(特進) 進学

image

合格発表の時、まさか自分が受かっているとは思っていなかったので、自分の受験番号を見つけた時はものすごくうれしかったです。
私は、塾でいろいろな講座を受けたことが、合格を勝ち取ることができた大きな要因だったと思っています。 まず、最難関校特訓では、最難関校合格に向けた難しい問題や長文読解など、通常の授業ではめったにしないようなことができたところがよかったです。 次に、清風南海特訓では、清風南海中学校合格のための授業や教材が用意されていたことに加え、清風南海中学校に合格したいという人たちばかりが集まっていたので、お互いを高め合うことができたと思います。 そして四天王寺中学校対策のネットライブでは、少人数だから授業中に国語の記述をほとんど先生に見てもらうことができ、算数では問題のさまざまな解き方を知ることができました。 また、授業が収録されているので後から何度でも見かえすことができ、ノートをとる必要がなく先生の話を集中して聞くことができ、自然と頭に入ってきたところがよかったです。
その他に授業以外でもいろいろ先生にアドバイスを頂きました。 私が清風南海中学校のプレテストで、結果が得られず志望校をかえようか悩んでいる時に担任の三上先生が「今まで頑張ってきたから志望校をかえずに最後まで頑張ろう」、「清風南海に受かると信じている」と言ってくれたことがとてもうれしく、最後まであきらめずに頑張ることができました。 本当にありがとうございました。 これから中学受験で学んだ、最後まであきらめないということを胸に頑張っていきたいと思います。

  • 他合格校

    四天王寺中学校(英数U)/帝塚山中学校(女子英数)/帝塚山学院泉ヶ丘中学校(医進)/土佐塾中学校

大阪桐蔭中学校(英数選抜) 進学

image

私は塾に通い始めた時、授業は楽しかったけれど、特に目標もなく宿題をただ終わらせる日々が続いていました。 テストや宿題で分からなかった問題も、今思えばきちんと理解するまでやり直しをしていなかったと思います。 当然、成績も良くなくて、5年の中頃には順位を大きく下げてしまいました。そこで初めて、今までのやり方を見直しました。
過去のテストを振り返ると、全体的にケアレスミスの多さに気付き、語い力の無さや、問題の読み違いが目立ちました。 そこで、筆箱には自分が注意することを書いたメモを入れてテスト前には必ず確認することにしました。 また、毎日お風呂の時や寝る前に少しずつ難語を覚えました。算数や理科は消化不良にならないように気をつけました。
そんなスランプの時でも、先生は私の可能性を信じてくれました。 応援してくれる先生のためにも、大晦日集中ゼミではTAクラスとして恥ずかしい成績を絶対に取らないと心に決めて一生懸命頑張りました。 結果、自分が思っていたよりも良い成績を取ることができて自信が持てました。
志望校特訓では、最難関校の問題の難しさに最初は頭から煙が出そうな思いでした。 先生が「最後にはできるようになる」と言ってくれた言葉を信じて、リトライをしていくと本当に最後の方では点数が取れるようになりました。
私は、要領が良い方ではないし、得意科目があるわけでもありません。 それでも、目標を達成できたのは、良きライバル・目標とする先輩・いつも楽しい授業をしてくれる先生がいたからです。 お世話になった先生方、今までありがとうございました。中学に入ったら、まずは入学式の総代をしっかり頑張ります。

  • 他合格校

    帝塚山中学校(女子英数・スーパー選抜)/土佐塾中学校

帝塚山中学校(女子英数・スーパー選抜) 進学

image

帝塚山中学校の合格発表のときは他の学校を受験していて、直接は見られなかったけど、掲示発表を見に行ってくれていたお父さんに写真を見せてもらい、自分の受験番号を見つけたときは本当に嬉しかったです。
私が受験勉強をはじめたのは小学4年生のときです。 初めは鳳校に通っていましたが、さらにレベルの高い授業を受けたいと思い、6年生に上がるときにパシード天王寺校に移りました。 天王寺校に移ってからしばらくの間、苦手だった算数の授業内容が理解できないことがたくさんあり、何度も心が折れそうになりましたが、 「絶対合格する」という強い気持ちを持って、理解できるまで何度も質問に行ったり、授業のリトライを徹底的にしたりすることを心がけたことで、少しずつ算数の問題が解けるようになり、受験勉強が楽しいと感じるようになりました。
また、サマーVゼミや大晦日集中ゼミでは、リトライの大切さや、時間を効率よく使うことの重要さを学びました。
5年生のときの大晦日集中ゼミでは、自分では納得のいく点数を取ることができたのに表彰台には上がれず、「自分が勝負する相手はもっとレベルが上の子達なんだ」ということを改めて感じました。 帝塚山中学校に入学したら、授業はとても難しいと思いますが、受験勉強を通して学んだことを活かし、努力していきたいと思います。 そして、部活と勉強との両立も目指していきたいです。
最後に、私が合格できたのは通常授業・サマーVゼミ・大晦日集中ゼミ・志望校特訓・ネットライブをしてくれた先生方、そして最後まで励まし続けてくれた家族のおかげだと思います。 本当にありがとうございました。

  • 他合格校

    四天王寺中学校(英数T)/清風南海中学校(特進)/土佐塾中学校

帝塚山学院泉ヶ丘中学校(特別選抜) 進学

image

自分の受験番号が合格者の中にあるのを見つけたときは、本当に飛び上がって喜びました。 お母さんや塾の先生方から「よくがんばったなぁ!」という言葉をもらったとき、両親への感謝の気持ちと同時に、塾に入ってから今までの自分を思い出しました。
僕は4年生から塾に通い始めました。 成績は上がったり下がったりで、実際のところ伸び悩んでいました。 その理由は、心の中に「めんどくさい」という感情があったからです。その感情も、鳴神先生に指摘され、なくなっていくにつれて、成績が上がってきました。 また「リトライを徹底してやること!」と言われた時も、「先生に言われた通りきっちりやろう」と思いリトライに力を入れていくと、また一段と成績が伸びました。 それに僕の弱い単元のプリントをくれたり、克服する手伝いをしてくれたり、志望校によっておさえるべきところを的確に教えてくれたりしました。 今考えると本当に細かいところまで見てくださっていたんだと思います。 志望校特訓や清風南海特訓では、他校舎の人と一緒に授業を受けるので競争相手も増え、「負けたくない」とさらに強く思うことができました。 また授業では一つのことに関連付けて教えてくれたので、とても覚えやすく知識も増えました。 家で勉強ができるようにと過去問解説動画も受講しました。 自分の時間に合わせて、見たい問題だけを見ることができるため、自分の志望校合格に本当に役立ちました。 サマーVゼミや大晦日集中ゼミではいろいろな先生の授業を受け、「ここまでできるんだ!」という自信を持たせてもらえたことが、志望校合格につながったと思います。
今までご指導くださり本当にありがとうございました。

  • 他合格校

    清風南海中学校(特進)/清風中学校(理U)/土佐塾中学校
お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-4119-01
インターネットからお問い合わせ
詳しい資料はこちら
関連リンク
トップ
パシードの特長
合格実績
Copyright (C) 2006- Daiichi Seminar. All Rights Reserved.